ハワイ特集~オプショナルツアー海編~

8月10日より、特別に海外の情報、ハワイ特集を行っています。

昨日までは、ワイキキ周辺の観光やグルメ、ショッピングスポットなどを紹介してきましたが、今日と明日は、オプショナルツアーを利用し、ワイキキから離れたスポットでの楽しみ方を紹介します。

なお、このページは、JALパックでハワイ絵余光を予約したという前提で話をしています。

ハワイ旅行ならやっぱりJALパック!

今日は、海のツアーを2つ紹介。ワイキキを離れると、自然豊かになり、海のきれいさもさらにグレードが増します。そんなきれいな海でオプショナルツアーを楽しみましょう。

ドルフィンスイム

船でイルカのいる場所まで行き、海に入ってイルカを見るツアーです。

JALパックのオプショナルツアーで予約できます。

場所はワイキキから離れていますが、ワイキキの、アロハラウンジの前から送迎してくれるので安心を。

ただし、他のツアーのバスもたくさん来るので、集合時間より早めに集合場所へ行き、自分のツアーかどうかはしっかり確認するようにしましょう。

バスで港に着いたら、トイレ休憩のあと、船に乗り込みます。穏やかな美しい港ですが、海外なので治安は安心できないらしく、荷物の置きっぱなしにはくれぐれも注意しましょう。

船に乗ったら、ガイドさんが船を操縦しながらイルカを探してくれます。イルカが見つかったら、ガイドさんの合図で海にエントリーします。

イルカがいる海では、勢いよくバタバタしたり、手を伸ばしたりするとイルカは怖がって逃げちゃうそうです。

・・・といわれてもうまく泳ぐのはコツがいるので全然私もうまくありません・・・・

小笠原諸島などで旅の上級者の方にアドバイスをもらうことをお勧めします。

イルカの遭遇率は高いですが、100%ではありません。運がよければ、たくさんのイルカを見ることができます。

イルカの写真を撮るために、防水カメラの購入をお勧めします。

私が使っているのは富士フイルムのファインピックスXP90というものです。

コンパクトで、きれいに撮れて、ストラップもついているのでオススメです。

ドルフィンスイムでは、シュノーケルを付けて足のつかない海に飛び込みます。それが怖い方は、船の上からでもイルカを楽しむことができます。

日焼け対策はきっちりと行いましょう。

サンドバーツアー

幻のビーチといわれるサンドバーのオプショナルツアーです。

ハワイ旅行全般はJALパックの予約前提で紹介していますが、こちらは、HISのオプショナルツアーの紹介です、オプションだけでも予約可能です。

HISでも、ワイキキから送迎がありますのでご安心ください。

半日のツアーで、サンドバーウォーク、カヌー、バナナボート、ジェットスキーなど、盛りだくさんのアクティビティを楽しむことができます。

海の中に、ポツンと色が浅い部分があり、太陽の光にキラキラと輝きます。もっと運が良ければ、浅い部分は陸地になり、真っ白な砂浜の島が現れます。それが幻のビーチといわれるゆえんですが、私が行ったときは膝の高さまで海水がありました。

サンドバー周辺をシュノーケルすると、サンゴやたくさんの熱帯魚がみられて感動です。

ここも水中カメラがあると便利です。

バナナボートやジェットスキーといったアクティビティも楽しめます。

日本のバナナボートは、容赦ないイメージですが、ここのはわりののんびり(といってもかなりのスリルはあります)しているイメージです。

ジェットスキーは、ガイドさん指導の下操縦の体験もできます。

結構カーブが難しいですが、操縦すると爽快な気分です。

半日で盛りだくさんのツアーです。前日はゆっくり寝るようにしましょう。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。