尾瀬特集2「燧ケ岳登山」

昨日から尾瀬について紹介していますが、今日は尾瀬の山、燧ケ岳の登山を紹介します。

尾瀬ヶ原や尾瀬沼だけならハイキングレベルですが、燧ケ岳に登るなら登山の装備が必要です。

燧ケ岳は標高2356mで、東北地方最高峰です。

登山グッズ紹介はこちらから。

尾瀬沼の紹介はこちらから。その続きとして書きますので、長蔵小屋から、長英新道を通って山頂に至り、見晴らし新道を通って尾瀬ヶ原に至るルートを紹介します。

ぬかるんだ道や、小規模の岩場があり、中級者レベルの山です。

登山情報

山名 燧ケ岳

標高 2356m

山の位置 福島県

登山難易度 中級者向け

アクセス

こちらの記事を参照に尾瀬沼、長蔵小屋へアクセスしてください。

もしくは、野岩鉄道会津高原駅よりバスで2時間、沼山峠からの日帰り登山も可能です。

天気予報

ヤマテンでは、尾瀬、燧ケ岳の予報が発表されていますので、第一に確認しましょう。

予報ガイダンス、上記に△で示したあたりの卓越天気、発雷確率もチェックしておくとより安心です。

1、ヤマテンで燧ケ岳の天気が「晴れまたは曇り」で、風速10m未満

2、予報ガイダンスで、「晴れ」で、発雷確率では無着色

上記2項目がすべてそろっていれば登山日和である可能性が高いです。

1、ヤマテンで、燧ケ岳の天気が「雨」または「雷雨」、注意書きに落雷や、大荒れの文言がある、風速15m以上

2、予報ガイダンスでは、「雨」だったり、発雷確率が10%以上

上記2項目のうち1つでも当てはまれば登山は見合わせるか、そうなる時間より前に山小屋に入るか下山しましょう。

登山案内

前日長蔵小屋に宿泊したら、朝は早朝出発を心がけましょう。尾瀬は雷も多い地帯なので、なるべく午前中に行動の目安を付けます。

早朝の静かな尾瀬沼の風景もいい感じです。

尾瀬沼の周辺を20分ほど歩いて、長英新道に取りつきます。ここからは燧ケ岳を目指した本格的な登山道になります。

長英新道は、長蔵小屋の2代目の主人、平野長英氏(1903-1988)が開いた登山道です。

きつい急こう配はありませんが、雨の後などは道が受かるんでいて歩きにくいです。

ここからは展望がなくなり、樹林帯のうす暗い、ぬかるんだ道を歩いていきます。登山口の標高は1680mほど。

樹林帯を登っていきますが、時々木々の間から尾瀬沼が見下ろせます。

徐々に木々も背が低くなり、森林限界に達します。

そのまま歩いていくと、別の登山道と合流し、ミノブチ岳という、視界の開けた小ピークに出ます。

さらにいくと、燧ケ岳2番目のピーク、俎嵓(まないたぐら)・標高2346mに到着します。

ちょっとした岩場を進んでいきます。

一旦岩場を下って鞍部に出て、その後またのぼりつめたところに、東北地方の最高峰、燧ケ岳山頂です。

東北最高峰から見る絶景です。私が昇ったときは、最初霧の中だったのですが、1時間30分くらい待ってようやく数十秒だけ視界が明けました。上はその時の写真です。

初めは、岩場をトレースしながら、やせ気味の尾瀬を歩いていきます。

青空、眼下には尾瀬沼や尾瀬ヶ原の絶景が広がります。

絶景を楽しみながら、燧ケ岳の尾根をしばらく下っていき、登山道は樹林帯へと突入していきます。

樹林帯の中での結構急な下りです。山頂と見晴(麓)の標高差は940mほどあり、尾瀬の中でも最も大きいものの人るです。

結構つらいところです。

急坂を経て木道に出ると難関突破です。あとは木道の上を20分ほどスラスラ歩いていくと見晴です。

見晴到着。山小屋がたくさんあるので、ここで昼食をとれます。山小屋のカレーは格別ですね。

明日は見晴から尾瀬ヶ原を経て山の鼻まで行く ハイキングルートを紹介します。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。