八重山の玄関口、石垣島から八重山旅行の心得

今日からしばらく再び沖縄の話題に入ります。

個人的に沖縄の中で一番大好きなのが、八重山諸島(石垣島周辺の島)です。

八重山諸島には、定期船のある有人島が石垣島のほか7島あり、それぞれにそれぞれの魅力があります。

今日は、その八重山諸島をめぐるための心得をざっと紹介します。

八重山諸島のアクセス

与那国島を除いては、必ず石垣島からのアクセスとなります。

日本の各都市から石垣島へは、直行便が出ている都市は東京、名古屋、大阪(期間によって違いあり)で、そのほかは那覇空港で乗り継ぎになります。

石垣空港は、石垣島の中心地から離れており、港のある中心地へは、バスで30分ほどのアクセスです。

港からは、八重山諸島各島へ行く高速船やフェリーが運航しています。

与那国島は、空港があり、那覇か、石垣から便が出ています。

石垣島と与那国島を4時間で結ぶフェリーもあります。

交通障害に注意

八重山各島へはほとんどの場合船で渡りますが、外洋を通るルートは船の欠航率が高いです。

具体的には、波照間島と、鳩間島、西表島上原港です。

安栄観光 八重山観光

当日に上記ページで運行状況を確認します。

前日までに予定を立てたい場合は、おおよその目安がありますので、ご参考までに。

石垣島地方の天気予報を見て目安を付けます。

風向き→

波の高さ↓

北寄り 南寄り
~2.0m
2.5~3.0m 上原、鳩間 ✖

波照間   〇

上原、鳩間 〇

波照間   ✖

4.0m

上原、鳩間 ✖

波照間   △

上原、鳩間 △

鳩間    ✖

5.0m~

〇:ほぼ欠航の心配なし △:欠航の可能性やや高い ✖:ほぼ欠航します

あくまでも目安で、運航の可否の最終判断は船の会社が行いますが、責任は持てませんが、大体これくらいで心得ておくと良いでしょう。

予報と海海況が異なったり、相当な多客期は若干無理したり、第1便は若干無理して出すこともあるようです。

たとえば波の予報が、2mのち5mの場合は第1便のみ、5mのち2mとかなら最終便だけ出す、などということもよくあります。

西表島は、上原港がだめでも、欠航にになりにくい大原港という港もあります。

鳩間、波照間島の予定は旅行の前半に入れるのがベターでしょう。

台風など、相当激しい気象状況の時はこの3港以外も欠航になりますのでご注意ください。

離島めぐりオススメ宿

石垣島を拠点にして、離島巡りをする場合、最もオススメの宿は島の宿月桃屋です。

ここは大変きさくなオーナー夫妻が運営していて、旅人同士が非常に仲が良くなれる宿です。

素泊まりですが、自炊もできます。

近くにおいしい焼肉屋さんがあり、仲良くなったメンバーで行くこともちょくちょくあります。

ドミトリー(男女別相部屋)と個室の両方があります。

石垣港も近く便利です。(港から徒歩10分)

石垣島のオススメスポット

八重山の玄関口都市での役割だけでなく、石垣島にも素敵な観光名所がたくさんあります。

写真がなくて申し訳ないですが、川平湾の海の青さは八重山の中でもトップレベルで、曇っていても相当きれいで、お勧めです。

ほかにも、ツアー会社を探せば、シュノーケルツアーやジャングル冒険ツアーなど幅広く催行されていますので、たっぷり遊ぶことができる島です。

石垣島はかなり広い島なので、レンタカーで周るのがおススメです。

楽天トラベル(レンタカー)

島内は、郊外に出れな空いていてかなり運転しやすいので、ペーパードライバーの運転練習にもうってつけです。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。