天城山登山(静岡県)

今夜は、静岡県の天城山について、私自身が登山をした体験をもとに、山の特徴や魅力などを紹介したいと思います。

「天城山」とは、万三郎岳を最高峰とする、静岡県の伊豆半島にある山域の総称で、日本百名山の1つ。石川さゆりさんの名曲、「天城超え」でおなじみの山です。

日本百名山は、原則標高1500m以上の山とされていますが、この山はその例外の一つです。当サイトでは、万二郎岳、万三郎岳を経て、シャクナゲコースを経由する、最も一般的なルートを紹介します。

低山ですが、高原の涼しい風や、木々の生い茂る中での森林浴も楽しめ、日本百名山の1つとしてふさわしい山です。

登山情報

山名 天城山

標高 1405m

山の位置 静岡県

登山難易度 初級者向け

アクセス

JR伊東線伊東駅より、天城東急リゾートシャトルバスで55分、天城高原ゴルフコース(終点)下車

ゴルフ場には駐車場もありますが、伊東駅から十分に日帰り可能な時間帯にバスが出ているので、公共交通機関がオススメ。ただし時刻表は事前に確認したほうがいいです。

伊東駅周辺に前泊するのが良いでしょう。伊東駅周辺には、ビジネスホテルもあり、少し歩いたところには温泉街もあります。

天気予報

ヤマテンでは、天城山の天気予報は発表していません。「丹沢山」の天気が一番参考になるでしょう。

予報ガイダンス、上記に△で示したあたりの卓越天気、発雷確率が参考になります。

地上の天気予報「静岡県伊豆」の天気予報とも総合しましょう。

1、ヤマテンで丹沢山の天気が「晴れまたは曇り」で、風速10m未満

2、予報ガイダンスで、「晴れ」で、発雷確率では無着色

3、静岡県伊豆の天気が、「晴れ」または「晴れ時々曇り」で、降水確率が10%以下、雷の文言なし

上記3項目がすべてそろっていれば登山日和である可能性が高いです。

1、ヤマテンで、丹沢山の天気が「雨」または「雷雨」、注意書きに落雷や、大荒れの文言がある、風速15m以上

2、予報ガイダンスでは、「雨」だったり、発雷確率が10%以上

3、静岡県伊豆の天気予報が、「雨」、「雨時々曇り」「曇り時々雨」だったり、雷の文言がある。風に対して、「強い」「非常に強い」の文言がある

上記3項目のうち1つでも当てはまれば登山は見合わせた方がいいです。

登山案内

天城高原ゴルフ場のバス停を降りたらそこはすでに標高1053mで、高原の涼しい風が心地よいです。駐車場の向こうには富士山も見ることができます。

紹介するのは、万二郎岳、万三郎岳を、シャクナゲコースを経由するコースです。

ゴルフ場を出発して15分ほどで、シャクナゲコースと、万次郎岳コースに行く分岐がありますが、まずは万次郎岳の方向に行くコースを紹介します

森林浴が気持ちいいコースです。写真は5月、ゴールデンウィークごろの新緑の季節です。この登山は、森林に囲まれたコースがメインになります。

四辻から、標準タイムで1時間ほど。標高1299mの万二郎岳山頂に到着です。ここは木々に囲まれていて、それほど眺望まありません。

万二郎岳を後にして、次はいよいよ天城山系最高峰の万三郎岳を目指していきます。抜けるような青空が気持ちいいです。

全体的に木々に囲まれたコースを歩くことが多い山ですが、万二郎岳から少し下ったところにある岩場が、本登山で最も絶景がみられる場所です。

岩場に立ち、少し背伸びして進行方向右手側を見ると富士山を眺めることができます。ただし後ろは崖なので、富士山に夢中になって落ちないように気を付けましょう。

この登山唯一のビュースポットです。心行くまで絶景を富士山を堪能しましょう。

再び木々に囲まれた道を登り、万三郎岳を目指します。

そして、本登山最高標高地点、万三郎岳到着です!標高1405m、日本百名山、その名の通り100山ありますが、その中でで97番目に高い山です。

万三郎岳も、木々に囲まれていますが、木々の間から富士山を眺めることができます。

万三郎岳を過ぎると、シャクナゲコースを経由します。結構急な下りになるので、足元には注意しましょう。

岩場にあるコケも美しい!と嫁が言っていました。

咲き誇る花たちも、疲れを癒してくれます。

そしてゴールです。登山お疲れさまでした。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。