鳳凰山登山~前編

せっかくのシルバーウィーク3連休、残念ながら全国的に台風の影響を受けております。

海山のレジャーはやめた方がいいですね。

まだ土日はあるし、10月11月にも3連休はあります。旅のプランは作り続けましょう。

今日は南アルプスの鳳凰山登山を紹介します。

今日紹介するのは、青木鉱泉から地蔵岳までです。

明日、鳳凰小屋から観音岳、薬師岳を経て青木鉱泉に戻るルートで紹介します。

登山情報

山名 鳳凰山 2840m

山の位置 山梨県

登山難易度 中級者向け

アクセス

JR中央線韮崎駅から山梨中央バスで55分、青木鉱泉

バスだと第1便でも歩くペースがゆっくりな人だと山小屋到着が夕方になっちゃいます。

韮崎駅周辺に前泊してタクシー利用も良いです。(7000円くらい)

ここで紹介するコースは、再び青木鉱泉に戻ってきますので、マイカーでのアクセスもOKです。

韮崎駅周辺は宿が少ないので早めに予約しましょう。

上記リンク宿ホテルルートインコート韮崎であれば、駅から徒歩圏内で、人工温泉入浴もあります。

悪天候の場合宿泊日前々日まではキャンセル料がかかりませんのでお勧めです。

天気予報

ヤマテンでは、南アルプス、鳳凰山の予報が発表されていますので、第一に確認しましょう。

予報ガイダンス、上記に△で示したあたりの卓越天気、発雷確率もチェックしておくとより安心です。

1、ヤマテンで鳳凰山の天気が「晴れまたは曇り」で、風速10m未満

2、予報ガイダンスで、「晴れ」で、発雷確率では無着色

上記2項目がすべてそろっていれば登山日和である可能性が高いです。

1、ヤマテンで、鳳凰山の天気が「雨」または「雷雨」、注意書きに落雷や、大荒れの文言がある、風速15m以上

2、予報ガイダンスでは、「雨」だったり、発雷確率が10%以上

上記2項目のうち1つでも当てはまれば登山は見合わせるか、そうなる時間より前に山小屋に入るか下山しましょう。

登山案内

JR韮崎駅。ここが最寄りの駅です。早朝にバスかタクシーで青木鉱泉に向かいます。

青木鉱泉から、ドンドコ沢登山道に入っていきます。

沢を横に見ながら、樹林帯を登っていきます。危険個所はありませんが、急坂で高低差の大きい山です。

途中きれいな花もたくさん咲いています。花を見るのも登山の隠れた楽しみの一つです。

仮に霧で頂上からの景色が見えなくても、きれいな花が見られれば登山の価値はあります。

ドンドコ沢登山道には要所要所滝があります。

途中ちょっとだけ視界が開ければ、これから目指す地蔵岳の山頂が見られます。

そのあと、鳳凰小屋に着いたら、チェックインをし、荷物を最低限にまとめて、地蔵岳を目指していきます。

小屋を後に、地蔵岳を目指します。登山道はいきなり海岸の砂浜のような道になります。

危険個所はありませんが、傾斜は結構強いです。

地蔵岳山頂。標高は2764mで、その名の通りお地蔵さんがたくさんあります。

地蔵岳からは、そびえたつオベリスクが見えます。

オベリスクの頂上へはロープが設置されていていますが、ロッククライミング経験者しか登れないので、我々のような中級登山者は挑んではいけません。

そのまま小屋に戻ります。

明日は小屋から観音岳、薬師岳を経由して青木鉱泉に戻るルートを紹介します。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。