リニア中央新幹線開通に反対です!

2027年に東京名古屋間で開通予定のリニア中央新幹線。

東京名古屋を最高時速500㎞、わずか40分という驚異的なスピードで結び、夢の超特急のように広く言われています。

あまりリニアの反対派の意見について、メディアでもあまり取り上げられないですが、根強い反対意見もたくさんあります。

私もリニア中央新幹線開通に強く反対します。

南アルプスの自然が破壊される!

リニア中央新幹線は貴重な自然が多くある南アルプス山脈の直下にトンネルを掘ってレールが敷かれます。

避難用に地上までのエスケープルートもたくさん作る必要があるようです。

そのために湧水が枯れたという話もよく聞きます。場合によっては変な水脈ができて大事故にもなりかねないそうです。

格差拡大を助長

安倍政権の悪政によりただでさえ我が国は貧富の差が広がっていますが、高級高速鉄道ができればさらに格差が拡大するのではないかと心配です。

お金持ちの人はリニア中央新幹線を使って高速で移動でき、より経済活動などがしやすくなる、一方リニアの特急料金が払えない庶民は、ますます置いてけぼりにされる可能性があるのではないでしょうか。

また、リニアができれば、庶民の足である普通電車や高速バスの経営が圧迫され、消えていくのではないかという不安があります。

鉄道の高速化の弊害

格差の拡大の話とかぶりますが、リニアのような高速鉄道ができると、長距離在来線は削られる可能性が高くなります。

この高速化による弊害はすでに始まっています。

私が学生のころは、よく夜行快速電車を利用したものです。青春18きっぷ+指定席券で乗れるものです。

ムーンライト九州。京都大阪と、博多を結ぶ夜行快速列車。昔は青春18きっぷシーズンに走っていましたが、今は廃止されました。

ムーンライトえちご。東京と新潟を結ぶ夜行快速列車。昔は毎日運航していましたが、今は廃止されました。

ムーンライト高知・松山。関西を出発し、途中で切り離して高知行きと松山行きに分かれる夜行列車。

これもかつて青春18きっぷシーズンに運航されていましたが廃止されました。

ムーンライトながら。東京と岐阜県の大垣を結ぶ夜行快速列車。

昔は毎日運航されていましたが今は青春18きっぷシーズンに限られました。

急行はまなす。青森から青函トンネルを通り、札幌に行く夜行急行列車。普通車なら、青春18きっぷと同時期に発売される北海道東日本パスで乗ることができましたが、北海道新幹線の開通で廃止されました。

私の情報では、私の学生時代との比較しかできませんが、年配の人に聞くと、70年代はさらに長距離在来線が充実していたらしいです。

新幹線などの高速列車が長距離化するのに反比例して、こういった夜行快速などの在来線長距離列車が減らされていています。

リニアができればその弊害も加速されるでしょう。

鈍行や快速を使ったのんびりした旅もいいものです。早さを求めるあまり、のんびりすることの良さを我々は忘れかけているのではないでしょうか。

こういった理由で、リニア中央新幹線開通に強く反対します。

 

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。