奥穂高岳登山

今日は先日公開した、槍ヶ岳、奥穂高岳登山の共通のエリアである、上高地横尾までのルートを紹介しました。

上高地横尾ルートの案内はこちら

今日は、日本で3番目に高い奥穂高岳へ行くルートを紹介します。

横尾を早朝に出発した場合、体力があれば、一気に山頂直下の穂高山荘までその日中に行くこともできますが、標準タイムで10時間ほど。標準タイムの3分の2ほどの時間で行ける自信がなければ、途中の涸沢ヒュッテで泊まり、翌日に山頂を往復して再び涸沢ヒュッテに泊まる、2泊3日の日程が良いかと思います。

大キレット経由で奥穂高と槍ヶ岳を縦走するルートと、奥穂高と西穂高を縦走するルートは、熟達者限定のルートにつき、一般登山者が立ち入るのは無謀です。それぞれの山は分けて登りましょう。

横尾から、東へ行けば槍ヶ岳方面ですが、ここでは北の方角を目指します。

登山案内

横尾~涸沢

横尾で、槍ヶ岳を目指す登山客を見送り、橋を渡って奥穂高岳方面を目指します。

横尾と涸沢の中間地点にある大谷橋。このあたりまではほぼほぼ平坦な道で疲れはありません。ここから徐々にきつくなっていきます。

すこしずつ傾斜が出てきて息が切れてきます。樹林帯を登りますが、しばらくすると視界が開けます。そしてさらに行くと涸沢に到着です。

2泊コースの方はここで1泊します。1泊コースの方はさらに上を目指します。

涸沢~穂高岳山荘

涸沢付近は青空にした、壁のようにそびえる山々が絶景を繰り広げます。ただし、これからこの壁を登るのです。それなりの心構えをして出発します。

涸沢から上を見ると、穂高岳山荘が小さく見えます。そこまで目でたどれますが、そう簡単にはたどり着けません。写真中央の盛りあがった部分がサイディングラートという、奥穂高最大の難所で、強烈な急坂になります。

サイディングラートとりつきです。途中梯子もありますが、特に怖い箇所はありません。ハッキリ言って、技術的なところよりも体力的な部分で実力を試されるコースです。

ようやく山小屋が見えてくると少しほっとします。

穂高岳山荘。1泊コースの人はここで宿泊です。

穂高岳山荘で昼食。やっぱり山小屋のカレーは最高です。

山小屋からは絶景も見られます。

穂高岳山荘の夕食。翌日もハードなのでしっかり栄養を取りましょう。

穂高岳山荘~山頂

穂高岳山荘にて荷物を最小限にし、奥穂高山頂を目指します。小屋をでるといきなり急な梯子場になります。ここが奥穂高の登山で最も緊張するところです。

山頂までは険しい岩場になりますが、3点支持を守って進めばそう難しくはありません。槍ヶ岳よりもここの岩場の通過は簡単です。

ごつごつした岩場を登っていきます。

奥穂高岳山頂。標高は3190mで、日本で3番目に高い山です。

奥穂高岳から見るご来光。山頂から見る日の出は最高ですね。

億歩だけから見る絶景です。雲海が神秘的です。

上左の写真は西穂高方面。こちらに進めるのは超上級者のみです。

右は槍ヶ岳です。天気がいいと写真のようにはっきり見られます。

あとは上高地まで来たルートを戻るといいと思います。膝がつかれている状態での急な下りになるのでスリップにはくれぐれも注意しましょう。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。