仙台発、2017年夏青春18きっぷモデルプラン「平泉」

今夜は、仙台から青春18きっぷを利用して日帰りで旅行できるスポットを紹介します。

仙台以外にお住まいの方は、他の交通手段、もしくは先日紹介した各都市からの青春18きっぷどこまでいける?シリーズを参考にしていただき、仙台にたどり着いた後、ここで紹介するスポットへ旅行することができます。

紹介するのは、世界自然遺産の一つ、岩手県の平泉。松尾芭蕉の旅氏達をたどり、その地の歴史を感じてみましょう。

青春18きっぷどこまで行ける?シリーズは以下の通りです。

札幌発 東京発 名古屋発 大阪発 博多発

平泉について

夏草や 兵どもが 夢の跡

いう松尾芭蕉の句で有名な岩手県の平泉。

歴史としては、源義経の最期の地として有名で、松尾芭蕉が儚く散っていったことにかんしていろいろとしみじみと感じて詠んだ句・・・らしいです。

2011年に、小笠原諸島と同時に、世界遺産の一つに登録されました。登録された2011年は、東日本大震災が発生し、東北地方を中心に大きな被害が出ました。

この被災地に近い場所がその年に世界遺産に登録されたことは、震災への復興にむけた第1歩となったと思います。

アクセス

行き

 8:01 仙台→(東北本線一ノ関行き)→一ノ関 9:51

 10:21 一ノ関→(東北本線盛岡行き)→平泉 10:28

帰り

17:27 平泉→(東北本線一ノ関行き)→一ノ関 17:35

17:55 一ノ関→(東北本線仙台行き)→仙台 19:33

正規運賃 往復3880円 青春18きっぷ1日分 2370円(39%割引)

平泉の紹介

平泉駅の近くにレンタサイクルがありますので、それがおススメです。雨天時などは、歩いて回っても、このページで紹介する内容は楽しむことができます。

最初に、毛越寺を紹介します。当時はいっぱい建物があったらしいけど焼けちゃいました。境内には、毛越寺庭園という立派な庭園があり、その中には大泉ヶ池という大きな池があって、歴史的な雰囲気を感じます。

毛越寺と中尊寺の間にある、金鶏山にも足を運んでみるといいと思います。標高は98m程度なので、歴史を感じながら軽いハイキングができると思います。

昼食は、中尊寺の参道にある、レストラン源がいいかと思います。前沢牛の料理など、岩手の郷土料理を楽しむことができます。

そして、満腹になったらメインの中尊寺へ足を運んでみましょう。

境内には、にはいろいろな当時の建物があって、中でも本堂は立派な作り。特に金色堂の金一色の建造物には圧倒されます。ここは撮影禁止のため写真はありません。

境内は相当広く、全部回るのに結構時間がかかりますので、電車の時間等ご注意を。

天気の良い日に眺めておきたいのが、高館という小高い丘からの景色。ここが実際の義経の最期の地。ここからは、北上川の清流と平泉の緑の絶景が見られます。ここには上記の有名な芭蕉の句があります。歴史的な事件とこの絶景が入り混じって、より感慨深い雰囲気を感じます。

是非義経や松尾芭蕉の気持ちになりながら、この世界遺産を訪れてみるのも価値があると思います。

次回は、東京から青春18きっぷ日帰りの旅をご案内します。

旅行先が決まったら!国内線航空券&宿泊予約サイト

国内線航空券予約


宿泊予約

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。